たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

上布田ふところあったか感謝祭2010

「上布田」は旧町名です。
調布駅北側パルコの交差点~旧甲州街道を新宿より200mの沿道を中心の商店会『上布田商栄会』
上布田商栄会の年末イベント「上布田ふところあったか感謝祭2010」を
紹介します。
11月25日より抽選券を配布しています。
2枚で1回、12月19日(日)に行なわれるガラポン抽選会に参加できます。
1等は5,000円・2等3,000円・3等2,000円の商店会お買物券(利用券)
が当たります。
はずれてもティッシュボックスが1個もらえます!
この機会に上布田商栄会エリアでお買物、食べ歩きをして抽選券をゲットしましょう!
お買物券の総額は500,000円です。
当たる確立は正直、高いと思います。






               因みに僕はこの商店会の副会長です。  


  • Posted by うつわ和季 at 11:26Comments(1)

    京友禅道具3

    前回に引き続き、京友禅の道具を紹介します。
    いよいよ染料を使い、金で筒描きした内側に友禅を施します。
    写真は染料と筆、それに色を注した時ににじむのを止める液体です。
    京都では今まで紹介した工程(図案・図案の写し・筒描き・染色・引き染め・仕立・着付け)を分業にて、それぞれのプロフェッショナルが役割を分担して着物を作り上げます。
    日本の伝統的なものづくりは脈々とこのように受け継がれています。
    道具ひとつ注目しても、理に適っているし、100年前から使用している道具が何も変らず今でも使われていることがすごいし、ここに感動を覚えます。






      


  • Posted by うつわ和季 at 23:22Comments(0)

    京友禅の道具2

    昨日から京友禅の道具を紹介しています。
    今日は「筒描き」といって、金色(銀色)で線を描く道具です。
    本体は柿渋で出来ていて、先端に筒先を装着しますが本体の中に金具をいれ、尖っている金具を付けてテープで留めます。
    尖っている金具の先端は斜めに小さい穴が開いていて線を書く時に、
    布地に平行に置き引いていきます。
    教室ではこの練習を繰返し行ないます。






    容器に入っている金は糊が入っていて、染料を注す時に壁の役割もします。  


  • Posted by うつわ和季 at 14:58Comments(0)

    京友禅の道具①

    今日から「手描き京友禅」の道具を紹介します。
    先ず、お好きな図案(ミニ着物に手描きする絵柄)を選びます。
    写真の青花ペン(筆タイプ)でトレースします。






         図案をコピーしたものです。
         下書きするペンは「青花ペン」か「筆ペンタイプ」を使用します。
       この青花ペンはその後の工程「蒸し」「水洗」で洗い流されます。  


  • Posted by うつわ和季 at 14:06Comments(0)

    京友禅教室

    さいたま市から通っている女性の作品が先ほど完成しました。
    これを京都に送り、地色を紫色に引き染めし、その後仕立てます。
    帯などの小物を選びクマのぬいぐるみにきせます。
    ご覧のように、パステル調に描かれていて、可愛いい感じで仕上がりそうです。
    出来上がりがとても楽しみです。
    9月より3ケ月間、お疲れさまでした。




           手前部分がミニ着物の正面にくる絵柄です。
           紫色に引き染めをするととても素敵なものになります。  


  • Posted by うつわ和季 at 18:31Comments(0)

    干支うさぎ「刺繍タオル」

    刺繍で一世を風靡した日本橋の和装小物「加藤萬」さんのオリジナルタオルです。
    プリント柄と違い、刺繍は高級感があり今年も好評です。
    11月中旬よりよく売れていて、早めにお年賀を用意される方が多くなっています。
    確かに干支の商品は年の瀬が近づくと品切れが多くなるので早めに用意するのは正解ですね。





           色は5色(白・赤・黄・緑・桃)、価格は525円です。
         お年賀用の熨斗は「卯年の春」と書かれていてお洒落です!  


  • Posted by うつわ和季 at 10:57Comments(0)

    京都べべどーる

    京都べべどーるの作品を紹介します。
    この写真のクマさんは大きいタイプで、両手の棒は着物の柄部分が見にくいのでお箸で支えています。スキーをしているようにも見えますが違います。
    当店の教室で作る着物はこれより小さいサイズのものです。




       この着物は「ボカシ」の技法が使われていて素晴らしいです。
       ちなみに価格は60,900円です。
      


  • Posted by うつわ和季 at 18:14Comments(0)

    当店から1分スペイン料理の『調布バル カベソン』

    下の看板は当店から1分、スペイン料理『調布バル カベソン』のランチメニューです。
    僕の甥が経営し、娘がスタッフとして働いています。
    パスタやハンバーグなどとっても美味です。
    女性に人気なのは「さらだランチ」。
    僕の奥さんもこれがお気に入りです。
    ところで、このメニュー看板は娘が当店に持ってきて置いているもので、
    このメニュー看板を見る通行人が「このお店は何処にありますか?」と当初よく聞かれました。
    何故、わざわざ当店に入ってきてまで尋ねるかと思っていたらメニュー看板の隅に「うつわ和季に何でも聞いてください」と娘が書き込んでいたのです。
    娘ながら『やるな~』




    このメニュー看板で当店から何人ものお客さまを紹介しています。
    これが「モチツモタレツ」です。  


  • Posted by うつわ和季 at 10:39Comments(0)

    弥次郎兵衛2

    前回の「弥次郎兵衛」のバージョンを変えたものを紹介します。
    これはゴルフボールの重みで揺れ方がかなり強烈ですが、本当に不思議・・・画鋲の先端にしっかり吸い付いた感じなっていて、落ちません!
    お客さまの子ども(小学2年生位の男の子)に実演して見せたら『
    接着部分は絶対差しているんだろう?』と疑っていました。
    現在、ご近所の方が弥次郎兵衛の家族を製作中です。





           写真ではこの揺れが表現できないので残念です。
          これもゴルフボールの上部に画鋲が装着しています。
      


  • Posted by うつわ和季 at 19:56Comments(0)

    懐かしい「弥次郎兵衛」

    懐かしい「弥次郎兵衛」を近所の方が作りました。
    台座は地元の工務店のご主人がご好意で作っていただいたそうです。
    町にはいろいろな方が住み、特技を持っている方がたくさんいるものなんですね。
    何とこの「弥次郎兵衛」は画鋲の先に乗っていて不思議ですねえ・・・
    ぼくたちも弥次郎兵衛みたくバランスよくなりたいですねえ。




                画鋲の針でバランスよく揺れます!  


  • Posted by うつわ和季 at 16:01Comments(0)

    調布だるま展in深大寺

    調布深大寺「だるチャンプロデュース」代表のキヤマさんが中心となって企画した「だるま展」が12月に開催されます。
    調布深大寺は古くから3月に開催される「だるま市」が有名ですが、今回の展覧会は全国のだるまが集結する珍しいものになりそうです。
    縁があり、微力ながら当店でPRしています。




    だるまといえども日本各地には様々なものがありますなあ。
    この中に「水木しげる」先生が書き下ろした調布の商店街の「頑張れだるま」も仲間に入れて欲しいなあ・・・  


  • Posted by うつわ和季 at 23:31Comments(0)

    手拭いたおる

    愛媛県今治市「コンテックス」というタオルメーカーから新柄が発売されました。
    このメーカーは創業76年の老舗です。
    この度、当時の屋号の『えべすや』を使いレトロな柄を表現しました。
    このタオルの染め方は「着色抜染技法」というもので、通常の工程より大変手間がかかります。
    価格は各945円。





              独特な風合いで高級感があります。  


  • Posted by うつわ和季 at 16:42Comments(0)

    来年の干支「うさぎ」置物

    来年の干支「うさぎ」の置物が店内に並びました。
    十二支の中で、うさぎは最も可愛い小動物?
    お部屋に一ついかがでしょうか?





                   ガラス・陶器の置物  


  • Posted by うつわ和季 at 17:28Comments(0)

    早くも正月飾りが入荷!

    今年も早いもので正月飾りが店頭に並びました。
    毎年販売している吊飾りで、4種類あります。
    価格は756円~861円とお求め安く人気です。

    今年も残り2ヶ月。
    来年また年を重ねると思うとやばいです。





    羽子板や羽根などが付いていてお正月の雰囲気を醸し出します。  


  • Posted by うつわ和季 at 15:29Comments(0)